海外での地上デジタル放送開始のタイミング

   


2011年の7月25日、日本はテレビ放送をアナログから地上デジタルに完全移行しました。
そんな地上デジタル放送への移行ですが、本当は日本だけではなく、海外の世界中で行われている事業ということをご存知でしょうか?
2010年の時点で、本当に多くの国がすでに地上デジタル放送への移行を完了しています。
世界で最も早く地上デジタル放送の放送を開始した国は、イギリスです。
1998年9月と、日本より5年も素早く放送を通しています。
また、日本と大きく違う点がひとつあります。
それは、アナログ電波を止めるタイミングです。
日本で地上デジタル放送の実施を始めたのは、2003年です。
従って、デジタル放送開始から約8年でアナログ放送を停止させることになります。
但しイギリスでは、まだアナログ放送を継続させています。
予定では2012年となっているので、思い切り14年ものスパンがあるということです。
開始が最も早かったものの、完全移行にはかなりの時間をかけていることがわかります。
世界で最も早くアナログ放送を止めた国は、スウェーデンです。
2005年に一部地域でアナログ放送を停止しました。
ただ、この時点ではまだ完全移行ではありません。
完全移行となったのは、2009年7月です。
完全移行を最初に行った国は、アメリカです。
2009年6月12日にアナログ放送を完全に止めています。

そもそも、地上デジタル放送とは


アナログ放送から地上デジタル放送へとなるということは、とうにほとんどの日本人が知っていることでしょう。
ですが、その新規放送方式である地上デジタル放送に関しては、あんまりはっきりした技術が知られていません。
最も、これはアナログ放送もおんなじことで、大抵の視聴者はテレビがどのような技術を利用して放送されているかということを知らずに観ていると思われます。
今回のデジタル化を機に、デジタル放送はどのようなシステムなのか、ということを引っかかる人も多いのではないでしょうか。
デジタル放送は、二進法によるデータの入れ換えを行う技術によるものです。
一度数字に変換することで軽量化させ、データ交換を非常にスムーズに立ち向かうことが出来る技術であるため、画像や音声データが簡単かつ綺麗に復元、再生されるのです。
もはや様々な分野で採用されている技術ですが、テレビはあまりにも普及しすぎていたことから、利用するためには相応の期間と費用が必要ということで、完全移行にはかなりの時間を必要としました。
それが2011年にいよいよ終わりを迎えるということです。
地上デジタル放送には、二つの種類があります。
現在、数皆に地上デジタル放送と呼ばれているのは、その中のひとつです。
また、「12セグメント放送」という呼び方もできます。
もうひとつは、「1セグメント放送」です。
これはおなじみ「ワンセグ放送」のことですね。
地デジには、このように通常のテレビ放送と携帯端末向けの放送との二つがあるのです。
デジタル放送では13の周波数を使用しており、その中の12をテレビが、1を携帯が使用しています。

地上デジタル放送の視聴に掛かる費用


地上デジタル放送への移行に伴い、強制的にアナログ放送が終了することは、少なからず不満や疑問の声があがっています。
同時に、それに関する説明もかなりの期間として行われていますが、でもまだまだ完全とは言いづらい状況です。
何で地上デジタル放送への移行に対して不満の声が挙がるのかというと、地上デジタル放送の視聴には費用が加わるからです。
とはいえ、観る度に課金達する、視聴する番組自体にお金が掛かるなどということではありません。
地上デジタル放送を視聴するための環境づくりにお金がなるのです。
地上デジタル放送を視聴するためには、地上デジタル放送対応のテレビを購入するか、チューナー及びアンテナを購入する必要があります。
従来のアナログ放送のみ対応のテレビでは、地デジ放送を見分けることはできません。
従って、テレビを買い替える必要があるということになります。
テレビは、どうしても安いものではありません。
小さいサイズのものでも数万円します。
もちろん、それまで大型のテレビとしていた家庭では、そのテレビが使えなく繋がるかも、という不安を憶えざるを得ないでしょう。
それを解消するための措置として、チューナーという商品があります。
チューナーを従来のテレビに取り付ければ、地デジ対応テレビと同等の状態になります。
ただ、チューナーの価格も数千円しますし、環境によってはそれ以上の価格のアンテナを購入しなくてはならないケースもあります。
そんな意味では、最適出費になるということは紛れも薄い事実です。

地上デジタル放送に移行する理由


少なからず費用がかかる地上デジタル放送への移行ですが、そもそも何故そういったことが必要なのでしょう。
明確な理由がない状態で国民に出費を勧めるのであれば、不満が噴出するのは当然のことです。
ですが、それには明確な理由があります。
海外で今や移行が行われているのもその理由に基づいてあり、これは世界全体の流れでもあるのです。
地上デジタル放送に移行しなくてはならない理由は、電波の過密ときの解消です。
電波は様々な分野で使われてあり、テレビ特有のものではありません。
ですが、その電波が現在、まったくキツキツになっています。
さながら渋滞になっているようなものです。
アナログ放送は、たくさんの電波を使用します。
こんなときの中で、携帯電話が誕生しました。
携帯電話の電波使用によって、日本、世界の電波事情はかなり切迫したものになり、このままでは満席状態になって仕舞う、というところまで来てしまったのです。
それを解消するために地デジへの移行が検討され、世界各国で移行が開始されたのです。
地上デジタル放送は、アナログ放送と比較するとかなりデータの受信、発信における電波の使用スペースが少なくて済みます。
従って、電波の通り過ぎる道をさっぱりさせることができるのです。
これによって、今後電波を使用するコンテンツが生まれても、それを使用することが可能となります。
また、携帯電話をはじめとした電波によるサービスのさらなる向上も期待できるのです。

地上デジタル放送移行のもうひとつの理由


表向きの理由として、地上デジタル放送への移行には「電波の使用ときの改善」というものが挙げられています。
無論、これは間違いないことであり、事実です。
ただ、これだけが地上デジタル放送への移行の理由ではありません。
他にも理由があります。
ともかく、海外の事業に間に合うという点が挙げられます。
今やアメリカをはじめ、数多くの国が地上デジタル放送を開始し、またいくつかの国では完全移行を終えています。
日本は世界一の電波使用量を誇る電波大国です。
その国が地デジ移行という世界の波に乗り遅れることは、ほとんど有益ではないという判断がなされていると思われます。
そうして、ますます大きな理由と言えるのが経済効果です。
地上デジタル放送の視聴には、現在のアナログ放送視聴の環境から幾分の変更が余儀なくされます。
テレビを買い替えるか、チューナー(+アンテナ)を購入する必要があるのです。
これらを購入するのは消費者であり、一般人です。
テレビの普及率を考慮すると、ほぼすべての家庭が数万円の出費をします。
それによって、家電製造会社、ひいては日本の経済に大きな流れが出来ることになります。
この経済効果が、大きな理由となっています。
地上デジタル放送への移行に伴う経済効果は、20年で約250兆円とも言われています。
現在の不況において、この効果は非常に大きな影響をもたらすことになるでしょう。
あるいは、この点が最も大きな理由なのかもしれません。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地上デジタル放送 , , , ,