画質の向上

   


それまでのアナログ放送から地上デジタル放送へと移行するにあたって、テレビ画面上でも様々な相違が見られるようになります。
そうして、その多くはメリットとして、各家庭にサービス向上という形で反映されるでしょう。
そんな中けれども、テレビを塗り付けた瞬間に知る地上デジタル放送のメリットは、画質の向上です。
アナログ放送から地上デジタル放送に変わると、予め画面の大きさが変わることを実感することになるでしょう。
アナログ放送は、アスペクト比4:3で放送されていましたが、地デジの場合は16:9となります。
これが何を意味するのかというと、ワイド画像、つまり横に長く罹るということです。
従って、地デジ対応のテレビは、アナログテレビよりも横長の画面構成になっています。
そのため、アナログ放送のみ対応の従来のテレビにチューナーを付けて視聴すると、アナログ放送よりも画面が小さくなります。
画面調整はチューナー上で可能ところが、通常は横の幅を合わせるため、縦がアナログ放送より小さくなる形になります。
それが不愉快場合は、地デジ対応のテレビに買い替える必要があるでしょう。
但し、そんなに大きな差があるわけではありません。
画質に関しては、アナログ放送とは雲泥の差です。
走査線数は525本から1,080本と倍以上、色の階調は1,677万色から36億2千万色と、216倍にも跳ね上がっています。
これは、実際に画面で確認して、その感動を食らうことをお奨めします。
地上デジタル放送は、非常に滑らかで鮮明な画像となります。

機能の充実


画像の美しさに目を奪われがちですが、地上デジタル放送のメリットはそれだけではありません。
寧ろ、それ以上のメリットとも言えるのが、各機能の充実です。
これまでのアナログ放送と比較すると、地上デジタル放送はかなり多くのデータを受信出来るため、多くの機能が追加されています。
アナログ放送の場合は、ひとつの番組を観ている時、その画面の情報のみが閲覧されていました。
但し、地上デジタル放送においては、それ以外の情報も数多く配信されています。
たとえば、野球中継を観ている場合。
画面では現在の試合の様子が流れていますが、それ以外にも、その試合のカードの過去の対戦成績や、投げているピッチャーの成績など、様々な情報が表示出来るようになっているのです。
いわゆる、番組のアシスタント的情報ですね。
こういった情報を表示することで、グングンテレビを楽しく見極めることが出来るでしょう。
どんどんアナログ放送においては、ニュースの最後の方しか観られなかった天気予報なども、いつでも観られるようになっています。
従って、即時天気が引っかかるなどという状況においても、即座に情報を得ることができます。
また、耳に障害を持つ方や高齢者など、それほど音がよく聞こえない人のために、字幕放送が行われています。
字幕放送は、アナログの場合はNHK教育テレビのニュースなど、ごく一部のみでしたが、デジタル放送の場合は受信機の標準機能となるので、いつも表示可能です。
こういったサポートも含め、地デジではたくさんのサービスが提供されています。

番組ガイドと双方向サービス


様々なメリットのある地上デジタル放送ですが、その中それでも直ちに便利だと押さえるのが番組ガイドでしょう。
これまでは、番組ガイドは新聞のテレビ欄を見分けるのが順当でした。
ある意味新聞の目玉であり、子供が新聞をよむ習慣を付けるひとつのコンテンツとも言えます。
ですが、近年はインターネットの普及により、こちらで確認している人が増えています。
とはいえ、インターネットにつなぐ環境がなければ、見極めることはできません。
そういう中、地上デジタル放送では、番組を観ながらでも直ちに番組ガイドを見て取れるようになりました。
これによって、新聞はおろか、パソコンがない環境も、確実に観たい番組を捜し出すことができるようになったのです。
また、録画などもこの番組ガイドにおいてできるので、思い切り便利です。
二度と地上デジタル放送においては、インターネットに接続する環境があればグングン高度な使用方法を実践できます。
テレビをモニター代わりに、テレビにおいてインターネットを閲覧できますし、メールを贈ることも可能です。
もちろん、webに配信されている動画などを見分けることもできます。
加えて、電話線とつなぐことで視聴者参加型のクイズやアンケートなどにたちまち応じることができます。
番組へのメッセージを与えることも可能です。
電話機等を使わずに行えるので、非常にスムーズな送信ができます。
こういった機能は、今後の番組作りにも影響して生じるものと思われます。
より、テレビと視聴者の距離が近くなったと言えるでしょう。

障害やノイズが起こらない


アナログ放送のデメリットのひとつに、天候や環境にて画像や音質が左右されるということが挙げられました。
たとえば、雨や雪の日に画質が若干したたるとか、雷によってノイズが発生するとか、住んでいる家の近くに電車が走っていて、それが原因でゴーストが出てくるとか、そういった障害は必ず発生してしまいます。
完全に環境に左右されるので、まったくその障害と無縁という人もいる一方で、ずっと悩まされる人も少なくないのです。
このような障害やノイズが起こる原因に対して、地上デジタル放送は総じてにおいて凄いというデータが出ています。
つまり、地上デジタル放送の場合は、アナログ放送まま起こっていた障害等は押しなべてシャットアウトできるということになります。
たとえば、アナログ放送の場合、自動車や船などにあるテレビは、その乗りものが発信すると、急に映りが悪くなりますね。
これも、電波障害が原因です。
ただし地上デジタル放送の場合は、こういった乗りものの中それでも画像が崩れること無く、しっかりとした映像を楽しむことができるようになっています。
これまでテレビの映りが悪かった地域や季節も、ぜんぜんその影響を受けずにテレビを見極めることができるのです。
このメリットによって、これまでのぼりもの等ではテレビを楽しめず、長距離移動の際に退屈していたという人も、テレビで移動時間の暇を閉じることができます。
今後は、バスなどの公共の乗りものにもテレビが設置繋がるかもしれませんね。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地上デジタル放送 , , , ,