さらなる充実への期待

   


従来のアナログ放送では、情報量や電波の受信などの面で限界がありました。
但し、地上デジタル放送に移行することでそれらの限界値がかなり上昇し、これまでよりはるかに多くの情報が各家庭にかかることになります。
ただ、地上デジタル放送によって配信浴びるサービスは、現状に滞りません。
依然地上デジタル放送の普及率が100%に満たない状況では、全開に関してにはいかないからです。
逆に言えば、今後への余力を記した状態とも言えます。
今後地上デジタル放送で予定されている配信サービスのひとつに、高齢者向けの介護サービスがあります。
たとえば、介護の仕方を放送したり、双方向サービスによってデリバリーのやり取りをどんどん鮮明にしたり、高齢者向けの通信教育を行ったり。
デジタル放送ならではのインターネットによるサービスも、数多く予定されているようです。
また、デジタルテレビを介し、ホームネットワークを構築する計画も立ち上がっています。
パソコンとはまた異なる目的、用途のネットワークが生まれる可能性があるかもしれません。
パソコンや携帯電話を使用したネットには、有害な情報も多数あります。
こういう情報が蔓延している今、現在のネットワークは安全とはいえません。
よりアットホームな、再び安全で安心できるネットワークの構築が、このデジタル放送で実現できることとして、高齢者、あるいは子供向けのサービスと言えます。
地上デジタル放送への移行によって、テレビを取り巻く環境、そして未来は大きく変化しているのです。

BSとCS


デジタル放送というと、多くの人が地上デジタル放送を連想することでしょう。
但し、この地上デジタル放送が普及する前に、とっくに日本ではいくつかのデジタル放送がまさに放送されていたことをご存知でしょうか?
それは、BSデジタル放送と、CSデジタル放送です。
BS放送は、「Broadcasting Satellites」の略で、CSは「Communication Satellites」の略となります。
どちらにも、「衛星」についての単語「Satellites」が入っている通り、これらは衛星放送です。
人工衛星による放送で、一度電波をテレビ局から人工衛星へと送り、そこから各家庭へと配信するという手法をとっています。
これによって、宇宙を中継した放送が行われているのです。
BS放送は、NHK衛星第1、第2など、NHKをはじめ各民放も行っています。
これらは地上波放送とはプログラムが異なり、BSならではの放送を通じています。
従って、地上波放送とは一味違う番組を味わえるということですね。
一方、CS放送はスカイパーフェクトTVのプログラムで埋まっています。
以前は、ディレックTVや「110°CS放送」の一コンテンツとしてWOWOWデジタルプラス等といった放送もありましたが、現在はスカパーことスカイパーフェクトTVの独占状態となっています。
従って、CS放送=スカパーとして差し支えない状態です。
ただ、今後どうなるかは流動的でもあります。

BSデジタル放送の導入方法


2011年7月25日からは、日本では地上デジタル放送が通常放送となります。
従って、基本的にはこの地上デジタル放送を視聴することになりますが、それ以外にもBS、CSという放送をテレビでは観ることができます。
以前は、BS、CS共にアナログ放送がありましたが、CSアナログ放送はかなり以前に終了してあり、BSアナログ放送も地上波のアナログ放送と随分おんなじタイミングで放送を終了します。
そのため、2011年7月25日以降にテレビで観られるのは、地上デジタル放送、BSデジタル放送、CSデジタル放送のプログラムということになるのです。
その中のBS放送を見極めるためには、BSデジタル放送対応となっているアンテナおよびチューナーが必要です。
ただ、使用しているテレビや環境によっては、チューナーが不要のケースも多々あります。
地上デジタル放送とBSのチューナーが兼用になっていることも多いので、自分の今の視聴環境をそれではしっかりと確認しましょう。
チューナーが必要でない、もしくはとうにチューナーを購入した場合は、アンテナの購入および設置が必要となります。
アンテナの価格は商品によってそれぞれ異なりますが、5,000円くらいでも購入可能です。
ただ、このアンテナの設置はかなり辛く、配線などのことがわからない家庭は、業者に依頼する必要があるでしょう。
BSの番組表は、各新聞やインターネット、あるいはデジタル放送のプログラムから見ることができますが、全部で12あります。
その内訳は、NHKが3つ、各民放で5つ、WOWOW、スターチャンネル、BS11、TwellVで12となります。

CSデジタル放送の加入方法


BS同様、CS放送も、視聴するためにはチューナーおよびアンテナが必要です。
チューナーに関してもBSと同じで、環境によってはいまやCS対応となっているテレビもあるので、それぞれの家庭の環境に応じて、チューナーを購入しなくてはならないかどうかを確認しておきましょう。
一方、アンテナはおんなじCSも2種類あります。
ひとつは、東経124°、128°の2衛星に対応しているスカイパーフェクトTVのもの。
そうしてもうひとつは、110°に対応している「スカパー!110」対応のものです。
この中で、「スカパー!110」に関しては、ほとんどがBSとの兼用で問題ないため、BSを視聴している人は、新たにアンテナを購入する必要はありません。
スカイパーフェクトTVは兼用にはなっていないので、新たに購入が必要です。
BS、CS放送共通のことだが、アンテナの設置は非常に難しいとされています。
というのも、通常の地上波放送のアンテナと違い、角度が多少なりとも異なると受信できないからです。
地上デジタル放送用のアンテナは、結構異なりていても受信できる受信エリアの広さがありますが、BS、CS用のアンテナは、非常にナイーブな設置が求められます。
従って、やはり自分で設置しよという場合は、テレビ画面を確認しつつ作業しなくてはならないでしょう。
自力をテレビの前で確認係として二人で行うとロジカルですが、でも簡単ではありません。
CSの番組数は、地上デジタル放送やBSとは見比べものにならないほど手広く、そのほとんどは有料チャンネルです。
従って、CSの場合は基本的に自分が観たいという番組プログラムの多いチャンネルを契約することになるでしょう。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地上デジタル放送 , , , ,