ゾックスの地デジチューナー

   


DVDプレーヤーやレコーダーなどを多数リリースしているゾックス。
外付けのアイテムに関しては、多数の商品をリリースしています。
そのため、パソコンにおいている人は中でも、ゾックスの商品に触れている可能性が良いのではないでしょうか。
そんなゾックスの地デジチューナーは、5種類あります。
中でも、ワンセグ用のチューナーに力を入れている印象があります。
では、あんなゾックスのチューナーを全部紹介していきましょう。
一層、とにかく安価な「DS-DT303GM」。
2010年に発売されたこの機種は、断然シンプルなワンセグ放送専用の地デジチューナーです。
ワンセグ専用のため携帯電話のみに使用出来るモデルとして、テレビやパソコンに地デジチューナーを利用しようとしている人は注意が必要です。
シンプルな地デジチューナーですが、字幕放送に対応するなどある程度の機能を有してあり、ボディもコンパクトで使いやすいチューナーです。
「DS-DT304BK」も、ワンセグ放送専用の地デジチューナーです。
アンテナ2種を同梱している他、さまざまな機能を有してあり、「DS-DT303GM」よりも上位機種となっています。
価格が高くなる分、当然使い勝手も増しています。
どちらを購入するかは、自分の用途と好み次第でしょう。
PC専用のワンセグチューナーには、「DS-DT305」という機種があります。
USB接続で、非常に簡単に接続出来るタイプのチューナーです。
ひときわ、見た目もこの上無くコンパクト。
フラッシュメモリくらいの大きさのため、パソコンに接続しても邪魔になることはすっかりありません。
その他、テレビに利用出来るチューナーとして「DS-DT401」「DS-DT402」があります。

ピクセラの地デジチューナー


ピクセラは、テレビをはじめ様々な家電製品を取り扱っているメーカーです。
更にテレビ周辺の製品が多く、テレビそのものも各種取り揃えています。
そのため地デジへの対応も速く、地デジチューナーに関しても複数のラインナップを揃えてあり、メーカー買いしやすい環境を整えています。
そんなピクセラの地デジチューナーを、用途別にご紹介していきます。
ともかく、「PRD-BT102-PA1」。
2009年に発売されたこの機種は何より価格が安く、4,000円台で購入が可能です。
アナログテレビに用立てるタイプで、特にノーマルな地デジチューナーといえるでしょう。
非常にコンパクトな点も特徴です。
「PRODIA PRD-BT205」は、2011年時点での最新機種となります。
こちらは地デジだけではなく、BS放送にも対応しているタイプで、時価は特に安くて7,000円台です。
BS対応の地デジチューナーの中まずは大いに安価な部類に入るので、BS放送を観られる環境を整えたい人にはお奨めです。
2009年に発売された「PRD-BT100-P00」は、機能充実のモデルです。
字幕放送や番組表など、デジタル放送の特典をもちまして利用できるので、地デジ対応テレビと同等の機能を利用したい人にはお奨めの機種です。
2010年に発売された「PRODIA PRD-BT105-P00」は、ある程度機能を絞ることでお手ごろな価格での提供を目表わしたモデルです。
4,000円台での購入が可能で、本当にコストパフォーマンスの良い機種となっています。

DXアンテナの地デジチューナー


レコーダーやチューナーを購入しようと家電売り場を訪れた人の多くは、「DXアンテナ」という製造会社の製品を何度も目にするのではないでしょうか。
それくらい、DXアンテナは各種チューナーに関して広い製品を取り揃えています。
地デジチューナーを各社が販売開始する中、DXアンテナのリアクションは非常に速く、このメーカーの地デジチューナーを購入した人はかなり多いのではないでしょうか。
あんなDXアンテナの地デジチューナーは、現在は主に3つの製品を揃えています。
まるで、一際安価な機種が「DIR910」。
いわゆるノーマルタイプの地デジチューナーで、機能を牛耳る代わりに価格を抑えている商品です。
4,000円台で購入でき、コスト面を重視して地デジ対策をしたいご家庭にはオススメの機種といえます。
ある程度価格を引き上げて機能を充実させたモデル「DIR710」は、ユーザビリティを重視してあり、非常にシンプルな操作で各種機能を利用できます。
使いやすさを念頭に置いて購入を決めている人であれば、この商品を選ぶと良いかもしれません。
DXアンテナがリリースする地デジチューナーでとにかくオススメのタイプは、「DIR3100」です。
価格的には「DIR710」ときちんと変わりませんが、こちらはBS、CS放送に対応しています。
また、かなりの電力軽減に成功してあり、電気代も節約できる非常に質の高い商品となっています。
これらの地デジチューナーの他、地デジチューナーを内蔵したレコーダーも多数発売しているので、それらも併せてチェックしてみると良いでしょう。

マスプロの地デジチューナー


マスプロは、DXアンテナ同様、アンテナを中心に開発を通しているメーカーです。
そのため、アンテナに関することに対応した経験がない人にとっては、決してなじみがない名前かもしれません。
反対に、アンテナを自分で置きたり、アンテナのコーナーで商品を眺めたりしたことがある人にとっては、日本を代表するアンテナメーカーのひとつであるためおなじみでしょう。
そういったマスプロが誕生したのは1955年で、50年以上の長い歴史を持つ老舗のアンテナメーカーです。
社名の由来は、「生産の覇者」を意味する英語「Master of Production」とのことです。
そのマスプロには、3種類の地デジチューナーがあります。
特に「DT630」。
「DT610」「DT620」と続いてきている、一際安価なタイプの地デジチューナーです。
コンパクトかつ多機能なタイプで、テレビ表など、地デジ放送の機能をひと通り揃えています。
そのため、他のメーカーの最安値のモデルと比べるとやや激しく価格設定を通じている店舗が多いようですが、安っぽいところでは4,000円台で販売されています。
他のメーカーの4,000円台のモデルと比べても、コストパフォーマンスは上々です。
どんどん上のモデルには、「DT70」と「DT35」があります。
両方共に、BS、CS放送に対応している地デジチューナーです。
「DT35」の方が上位モデルで、こちらはずいぶん多様な機能を有しています。
その分、価格はかなり厳しく設定されており、安くても13,000円台となっています。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地デジ チューナー , , , ,