C-MEXの地デジチューナー

   


数多くある地デジチューナーを開発しているメーカーの中には、検索するのが厳しい製造会社もあります。
たとえば、「C-MEX」はその最たる例でしょう。
Amazonでブランド検索をする場合、「C-MEX」という表記ではヒットしないため、「セントレードM.E.」で生み出す必要があります。
また、C-MEXの地デジチューナーは「AVOX」というブランドで作られているので、様々な製品の価格などを比較出来る「価格com.」などの比較サイトで探し出す場合は、AVOXというブランドで検索する必要があります。
そんな意味では、検索になかなか苦労するメーカーかもしれません。
あんなC-MEXの地デジチューナーは、主に「YDIT-10A」と「YDBC-30」の2種類が販売されています。
基本的に、C-MEXの地デジチューナーは高性能な上位モデルオンリーとなっており、いずれも価格はかなり厳しい商品となっています。
そのため、多機能、高品質のチューナーを求めている人向けの製造会社といえるでしょう。
オススメは「YDIT-10A」です。
価格は、市場価格の最安値で15,000円くらいとなかなか高価ですが、その分機能面が非常に充実しています。
ハイビジョン対応で出力端子の数も手広く、その用途は様々です。
但し、このモデルはBS、CS対応ではないため、注意が必要です。
地デジチューナーを購入する上で高額モデルを購入するメリットは、おっきいテレビにおいている人が、そのテレビをデジタル放送の環境にするという点でしょう。
せっかくの高額テレビで、地デジ放送のパフォーマンスをそれほど発揮できないとなると、まだまださびしいものです。

EXEMODEの地デジチューナー


家電製品を向き合う製造会社は、老舗と呼ばれる非常に歴史あるだが比較的多い一方で、新鋭製造会社もある程度たくさん生まれています。
ただし、どぎつい競争の中で勝ち抜いていただける製造会社は極めてわずかのため、中堅の製造会社がなかなか出てこないという側面もあります。
その中で、EXEMODE(エグゼモード)は、その中堅を目さす製造会社のひとつです。
2007年に誕生したばかりの新鋭製造会社で、今後さらなる発展を目指す勢いを有した製造会社といえます。
そういったEXEMODEには、「PVR-3」と「EXEMODE DSTB-1」という2種類の地デジチューナーがあります。
です。
お勧めは、2010年にリリースされた「PVR-3」です。
BS、CS放送対応で、HDDとつなげば録画機能も使用できます。
BS&CS対応で、かつ録画機能を有しているチューナーの中まずは甚だ安価な部類に入る商品で、上手に購入すれば10,000円以内で収められます。
そのため非常に厳しい人気を持つ商品となっており、各大手製造会社の主力チューナー商品と比較しても、遜色のないシェアを誇っています。
対する「EXEMODE DSTB-1」は安価モデルで、多くの端子を省略してあり、データ放送表示もありません。
但しSD画質で見ることが出来るので、その点を重視している人にとってはお勧めの商品といえます。
他の地デジチューナーを開発しているメーカーの商品と比較しても、EXEMODEの2つのチューナーはかなりツボを抑えてあり、コストパフォーマンスも上々な商品です。

三洋電機の地デジチューナー


日本における家電メーカーの中それでも、とりわけ有名な三洋電機。
サンヨー、SANYOのロゴでも有名ですね。
そういう三洋電機が誕生したのは、1950年のことでした。
60年以上に亘って日本におけるトップクラスの地位を保ち続けている、本当に老舗といった印象のメーカーです。
あんな三洋電機の取り扱っている地デジチューナーはそれほど短く、「repoch IVR-S100M」「repoch IVR-S100」と、たった2種類のリリースに留まっています。
但し、ともメーカーの方まずはすでに生産を終えているようなので、現在は在庫のみの販売となっています。
ともハイスペックで価格は2万円を越えてあり、はなはだコストのなる商品となっています。
三洋電機は、地デジチューナーよりは地デジ対応テレビの方に力を注いでいる印象があります。
こうした背景もあり、三洋電機の地デジチューナーは、テレビを眺めるためだけに使用するのであれば全然適切とはいえないかもしれません。
ただ、高性能の地デジチューナーが欲しいという場合には、購入して損はないでしょう。
生産終了している商品なので、在庫がなくなればなので入手が困難になるという点に注意が必要です。
それほど購入したい場合は、競売等を利用すると良いでしょう。
地デジチューナーは地デジ対応テレビに買い換えた時点で不要となるケースが手広く、競売等で割に出品されやすい商品です。
こういったものも利用してみると、ほぼ安価で入手できる可能性もあります。

シャープの地デジチューナー


シャープは予め日本を代表する家電メーカーでしたが、ここ10年でその知名度を一段と上げた印象があります。
特にテレビに関しては、急激な進歩を遂げたメーカーといえるでしょう。
液晶テレビ「アクオス」が大ヒットしたことが、その最たる要因です。
また、空気清浄機などでもヒット商品を連発し、既に大手家電メーカーの中けれども一目置かれる存在になってきています。
そういうシャープがテレビに注ぐ力は最も相当なもので、地デジ対応テレビの種類は非常に手広く、お求めやすい値段から高級なテレビまで、広いラインナップを取り揃えています。
その反面、地デジチューナーに関しては、それを専門にしているメーカーと比較するとそこまで多様ではありません。
どちらかというと高級志向になってあり、リーズナブルに地デジ対策をおわりしたい人には不向きですが、価格に比例して性能は完全、かなりの品質を有した商品をリリースしています。
シャープの地デジチューナーは、過去に何種類も開発、販売されてきました。
その中それでも新作は「SHARP AQUOS ネットチューナー AN-IP100」です。
時価は3万弱で、地デジチューナーとしては結構高価です。
その分、各機能や性能は充実してあり、BS、CS放送対応なのは当然、録画機能もついています。
また、録画機能に関しても、視聴番組を学習し、自動録画してくれる「常連録画機能」など、実に高度な機能を有しています。
わずか地デジを見るための商品ではなく、テレビを見極める上で便利な商品としても機能しているので、録画をよくする人などにはお勧めの商品です。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地デジ チューナー , , , ,