SONYの地デジチューナー

   


世界的に有名な家電製造会社として、日本もその地位を確立しているSONY。
開発、販売を通じている商品の種類は、国内の大手製造会社の中けれども最も際立っています。
家電に関しては、ソニーの商品がない分野はないのではと言うくらいその範囲は大きく、多くのソニーオタクも存在しています。
典型的な、ブランド買いされているメーカーのひとつと言って良いでしょう。
あんなソニーは当然テレビに対して非常に力を入れてあり、「BRAVIA」は各製造会社の主力テレビブランドと比較してもほとんど遜色のないシェアと人気を誇っています。
地デジ対応テレビとして、今後も多くの人が購入する商品でしょう。
ソニーの地デジチューナーは、予め他の大手家電製造会社同様、高級志向となっています。
数千円で購入出来る、地デジ放送を観ることだけに特化した安価のチューナーは開発しておらず、機能を充実させたハイスペックな地デジチューナーを販売しています。
こんなソニーの地デジチューナーでオススメの商品は、「DST-TX1」です。
2004年リリースでもはや生産は終了となっていますが、その性能は依然として他の現役のチューナーと比較しても見劣りしません。
競売を賢く利用すれば、10000円以下での購入も可能でしょう。
ただ、とっくの機種なので、購入を検討する場合は、その機械の状態をしっかりと確認しておきましょう。
ソニーをはじめとした大手の家電製造会社それでは、地デジチューナーとレコーダーを一体化した商品を多数リリースしています。
こうした商品にも視野を広げて下さい。

日立の地デジチューナー


日立は、日本の中けれども際立って有名な大手家電製造会社のひとつです。
その有名な理由としては、日立グループと呼ばれるグループの傘下の企業が多く、思い切り多くの分野で活動しているからです。
その中それでも家電製品は主力分野のひとつで、これまでにも多くのヒット商品を輩出してきました。
純粋な家電の売り上げシェアに関しては、まっすぐのトップの座を獲得しています。
日立は、家電製品の中けれども洗濯機や電子レンジなどの台所製品やエアコンなどの空調に力を入れてあり、他の大手製造会社に対してみると、テレビはある程度ブランド力が落ちるという印象です。
日立のテレビは「Wooo」というブランドで売り出していますが、ソニーの「BRAVIA」、シャープの「アクオス」、東芝の「レグザ」と比較すると、知名度の点では一歩譲ります。
とはいえ購入者の使用評価は厳しく、機能も充実してあり、出遅れが響いているだけで、商品としての力は決して劣っていないというのが実状です。
そういった日立が取り扱っている地デジチューナーは「HTU」シリーズです。
2010年に発売された「HTU-X3」は、大手製造会社の地デジチューナーの中まずは安価なほうで、10000円台での購入が可能となっています。
また、BS、CS放送にも対応しており、D4端子もあるはなはだハイスペックな内容になっています。
テレビ同様、知名度という点で他の製造会社の商品に一歩先を行かれていますが、品質は見劣りするどころか、かえって勝っている印象です。
それだけにオークション等では購入が難しく、店舗での購入をお勧めします。

パナソニックの地デジチューナー


業界最大手の家電メーカー、パナソニック。
そのブランド力は、他の大手家電メーカーと比較しても一歩前にいるという感じです。
ありとあらゆる分野においてトップシェアを誇っていることもあり、日本における家電メーカーの中それではいつもトップ3のシェアを誇っています。
そんなパナソニックは、テレビに関しても非常に良いブランド力を有しています。
パナソニックのテレビブランド「ビエラ」の名前は、多くの人が知っているのではないでしょうか。
終始時代の最先端をいく家電メーカー。
それがパナソニックです。
とはいえ、どうしてもテレビに力を入れるメーカーは地デジチューナーはそこまで注力していないという例に見落としず、純粋なアナログテレビに使用する地デジチューナーは、現在パナソニックでは生まれていません。
基本的には、地デジチューナーとレコーダーを一体化した商品が主流です。
「DMR-XE100-K」がその代名詞で、DVDレコーダー(320GB)と地デジチューナーが一体化した商品として大きい人気を博しています。
こんな中、このパナソニックでは他にも、車の中で使用する地デジチューナーに力を入れて販売しています。
「TU-DTV60」、「TU-DTX600」といった機種がそれに該当します。
車載用の地デジチューナーには、リライアビリティが求められます。
地デジ放送は、アナログ時代と違い、はたらく乗りものであっても安定した動画を配信できますが、チューナー自体が動きに弱々しい場合は画像も壊れます。
そんな意味では生来スペックが要求されますが、パナソニック製のチューナーは問題はなく、しっかりと取り付けをすれば問題なく稼動します。

三菱電機の地デジチューナー


電機製造会社として、国内で断固たる地位を築いている三菱電機。
そのシェアは業界3位と言われています。
家電から人工衛星まで、ありとあらゆる電機製品を開発、販売してあり、日本人の多くの人が三菱の名前を知っているというくらい、その知名度は高いのではないでしょうか。
別に、宇宙開発は他の家電製造会社以上に力を注いであり、実績も目を掛けるものがあります。
そういった三菱電機の取り扱っている家電の中で際立って評価が高いのは、空調、ディスプレイ、ETC機器などです。
カーナビゲーションに関しても、大きい技術を誇っています。
そのため、三菱電機が取り扱っている地デジチューナーは、車載用のものがメインです。
取り扱っている商品は、「TU-30D」と「TU-300D」の2種類となっています。
「TU-30D」は、2チューナー×2アンテナで、色はホワイト。
一方の「TU-300D」は、4チューナー×3アンテナで、色はブラックとなっています。
カーナビに押し付けられ、そのディスプレイで地デジ放送を眺めることができます。
また、三菱電機では、地デジチューナー搭載のレコーダーも多数販売しています。
ブルーレイディスクレコーダーの「DVR-BZ240」は、HDD容量500GB、BS&CS放送対応など、非常に際立つ商品となっており、現在おっきい人気を集めています。
価格はとっても高めですが、BD、DVD、HDDをそれぞれ搭載しているチューナー内蔵レコーダーとしてはそんなに高価ではなく、リーズナブルな範囲といえます。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地デジ チューナー , , , ,