ユニデンの地デジチューナー

   


1966年に設立された通信機器製造会社、ユニデン。
大手電機製造会社ほどの知名度はないものの、通信機器の製造会社の中それではとってもメジャーで、東証1部に上場している非常に規模の大きな会社です。
数多くの有名人をこれまでにCMで起用してきてあり、その知名度は十分高いといえるでしょう。
そういったユニデンの地デジチューナーは、何と5種類もあります。
数ある通信機器の製造会社の中で、このユニデンはとりわけ地デジチューナーに力を入れているのがわかります。
断然安価で購入可能なユニデンの地デジチューナーは、「DTH11」です。
製造会社金額だと6,980円ですが、市価だと4,000円台で売っている所が多く、非常にリーズナブルです。
配線は非常にシンプルで、機械類にか弱い人でも簡単に接続出来るようになっています。
また、番組表や視聴予約機能などの機能を搭載してあり、必要最低限の機能にプラスアルファがある、ワンランク上の商品となっている点も大きな魅力です。
こういう面もあり、非常に人気が高い商品で、地デジチューナー全体の中それでも上位の売り上げをキープしています。
この他、ユニデンの地デジチューナーには、BS&CS放送対応の「DTH200」と「DT300」、ハイビジョン対応の「DTH110」、ひいては車載用の「DTM420Z」といった商品があります。
「DTH200」と「DT300」は搭載している機能や端子などに差があり、「DT300」の方がワンランク上の商品となっています。

エスケイジャパンの地デジチューナー


地上デジタル放送を眺めるための地デジチューナーは、各種製造会社で開発、販売が行われています。
よく行き渡るのは、家電製品をエースとして売っているメーカー、あるいはパソコン周辺機器や通信機器を中心としているメーカーです。
家電製品をエースとして売っているメーカーには、パナソニックやソニー、シャープ、日立といった大手の製造会社が挙げられます。
一方、パソコン周辺機器や通信機器を中心としているメーカーには、IO-DATAやバッファローなどがあります。
また、アンテナを製造している会社にも、地デジチューナーを開発しているメーカーが多数見受けられます。
そういう中で、エスケイジャパンは結構特殊な部類に入ります。
エスケイジャパンは、1989年に設立された卸売業製造会社です。
取り扱っている主な商品はというと、たとえばぬいぐるみやキーホルダー、携帯ストラップ等のような、ゲームセンター向けの景品です。
地デジチューナーを取り扱っている会社としては異例のラインナップで、そんな意味では異彩を放っている存在です。
そんなエスケイジャパンが開発、販売しているのは、「フェリシス 地上デジタルチューナー FDT-D1」という地デジチューナーです。
アナログテレビに使用して地デジ放送を見るという、とにかくスタンダードなタイプのチューナーとなっています。
番組表の表示機能がついていて、ひいてはD端子もついてあり、ハイビジョンに対応可能ということで、スペックも随分大きい商品となっています。
価格は店舗によって幅があり、うまく探せばかなり安く購入できます。

オリオン電機の地デジチューナー


オリオン電機は、テレビ周辺機器の購入経験がある人にとってはまったくおなじみの製造会社です。
ビデオデッキ、DVDプレーヤーといった商品は、それほど力を入れて製造、販売を通じています。
ただ、その規模の割に国内の知名度は他の大手製造会社に一歩折れる形となっているのも事実です。
そのため、オリオン電機は海外での普及に力を注ぐことでブランド力の強化を図っているようです。
製造会社の特色として、価格を切り詰め目に設定している印象が激しくあります。
中でもテレビに関しては、他の大手製造会社の目玉と同レベルのスペックでより安価にしています。
オリオン製のテレビは、ホームセンター等で販売しているケースが多く見受けられますが、多くの店舗で安価での販売となっており、目玉商品としてPRされているケースがよく見受けられます。
あんなオリオン電機の地デジチューナーは、「DHV-T33」という商品ひとつです。
この「DHV-T33」は2007年に販売された商品で、全く古めかしいタイプとなっています。
そのため、価格は販売している店舗によって違い、スペックからみると割高に見える場合もあれば、非常に安価で購入できる場合もあります。
賢く捜し出すことができれば、コストパフォーマンスの良い商品として取るでしょう。
性能的には、最低限の地デジチューナーの機能を備えたモデルといえます。
そのため非常にコンパクトなサイズとなっており、重さも0.6kgとやけに弱く、取り付けはしやすいモデルです。

東芝の地デジチューナー


国内の家電メーカーの中それでも、始終3本の指に入る最大手メーカー、東芝。
その歴史は古く、設立は1904年と、他の家電メーカーより二度と遡ります。
100年以上の歴史を持ち歩いている家電メーカーは、他にはぜんぜん存在しません。
それだけの長い間、東芝はトップクラスのシェアを維持し続けています。
その最たる理由は、やはり各時代においてその最先端を出向く商品を開発、販売してきた実績の積み重ねなのでしょう。
そんなこともあり、東芝はブランド買い受けるメーカーとしてもある程度トップの位置にいます。
こんな東芝は、テレビは当初こそシャープ、ソニー、パナソニックといったメーカーに後れを取っていましたが、「レグザ」の台頭によってアッという間に巻き返します。
レグザは当初、液晶テレビの開発自体に東芝が乗り遅れたこともあり、知名度も今ひとつでしたが、近年は飛躍的にシェアを伸ばしています。
周辺機器との連携もうまくいってあり、今後トップシェアの座を当てる可能性も十分にあります。
次世代DVD規格競争で敗れ、一時は勢いを失いつつありましたが、このレグザの飛躍によって東芝は未だ断固たるブランド力を築いています。
東芝では、「SD-PDT12W」という1機種のみ地デジチューナーをリリースしています。
やはり地デジ対応テレビにメジャーなブランドを抱えるメーカーは、あまり地デジチューナーには力を入れていないようです。
とはいえ、この「SD-PDT12W」は非常にコンパクトで望ましいデザインを通じていることから、女性を中心に人気を集めているようです。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - 地デジ チューナー , , , ,