業務用パソコン




個人のパソコンと業務ユースパソコンでは何が違っているのでしょうか。
まず、トータルなハードウェアは同じです。
それぞれにオプション機能パーツを採り入れることができますから、業務専用のパソコンということはないと言えるでしょう。
ただ、製造会社が販売する際に業務で手間のかからない構成を提供しているだけなんです。
もちろん、業務用では何の意味もないソフトなどはインストールされていません。
基本部分がおんなじですから、壊れた場合の対応も同じです。
違うのはメンテ契約が前提となっていることが想定されますか。
壊れた時にいちはやく代替機を用意してもらうとか、保存データ復旧を安い価格に行えるなど、保守契約の中身によってサービスを受けることが出来ます。
もちろん、異例の状態になったパソコンが修繕しないのであれば、同一機種の新商品と変えてもらうこともできるはずです。
パソコンは個人で運用するよりも業務用途の方が重大さは高いのです。
高いパソコンの方がシステムも高いと想定しがちですが、必ずしもそうとは言えないのです。
壊れた時のアフターサービスの料金を考慮しているタイプもあるからです。
問題なく機能していればいいのですが、壊れた次の瞬間、仕事が滞ってしまうと会社として大きなマイナスとなります。
手動式でできることなら良いですが、保存データがパソコン内に保存されているとさらに問題は深刻になるでしょう。
いずれにしても業務のためのパソコンはそれなりの仕方でおかなければならないことは間違いないと思います。
専門知識を保有している社員がいなければ対応できないのです。

タグ: , , , ,