パソコンの内部




パソコンの内部がどうなっているのか御存知ですか。
もちろん、ホビーでいろいろと経験済みの人ならわかっているでしょうが、ただパソコンを利用しただけの人は内部のことなど知る必要なのもありません。
パソコンが壊れたらショップで修繕を相談するだけです。
最近のパソコンは多機能化しており、厚みもかなり薄くなりました。
内部を開けられなくなっていると言えます。
部品が僅かになり構造も簡単になった分だけ、壊れにくくなっているに違いないと考えます。
価格もリーズナブルですから壊れたら新しいパソコンに買替えた方が安上がりかもしれません。
知識として心得て損はないですから、パソコンの内部について少しコメントしましょう。
さしあたって、CPUはパソコンの頭脳部位です。
近頃CPUの中に周りのメカニズム機能を押し込むようになり、CPUが対処する内容は広範囲になっています。
そして、その外層にはメモリーが存在します。
CPUがコントロールするプログラムが入ったところです。
ハードディスクは一般的な保存データを保存するパーツです。
揺れに強いシリコンディスクを利用しているパソコンもあります。
後は液晶ディスプレイ画面とUSBのコネクタ、キーボード、LANコネクタなどで形作られています。
そういったところをもっと集積化したのがスマホとなります。
コンパクトサイズになっていますから、性能を良くするためにはCPUの外側にオプション機能パーツを付けなければダメなのです。
いまどきのパソコンは壊れたときはすべてを入れ替えなければならない状況も多いと思います。
それは一切の機能が一つになっているからです。

タグ: , , , ,