au光とフレッツ光について

      2016/09/28

10485740

おんなじ光ファイバー回線を利用しているのがau光とフレッツ光になります。
この2つの回線はまったくおんなじという事ではなく、それぞれの特徴と言うか違いが有りますので説明してみたいと思います。
先ずはNTTが提供している「フレッツ光」についてです。
メリットとしては、契約して開通するまでの期間が手っ取り早いという事、つまり対応が手っ取り早いという事が挙げられます。
1番時間がなるのが光ファイバー回線が今現在導入されていない地域に光を通す事で、その工事や設置作業をするまでにKDDIでは2ヶ月もの期間を要する事が在るのです。
それとは逆にNTTの場合はやっぱし大手というべきでしょうか、1ヶ月もあれば遅くても開通までには差し掛かるという事ですので、早めにインターネット環境を整えたいという人にはオススメのサービスだと言えるでしょう。
NTTのフレッツ光については多彩な料金プラン、それに付随するプロバイダーやサポート体制もたくさん整えられているようです。
対してKDDIが提供している「au光」についてです。
au光のメリットと言うともちろん通信速度が速いという事です。
開通までの時間がなんとなくかかってしまうというデメリットはあるものの、初めて導入してもらえば通信速度が速い環境でどんどん扱う事が出来るのです。
この速さは他の光ファイバーを使っている回線の10倍もの速度が期待出来ると言います。
他の光ファイバー回線ではマンションタイプを利用している場合には大人数での使用に至る為に通信速度が落ちて仕舞う場合もありますが、au光まずはそういった心配も乏しい様なのです。

au光のメリットとは

KDDIは携帯電話やインターネットなど、電気通信事業者なのですが回線業者それでも有ります。
その為に光ファイバーサービスとしてau光(ひかり)を提供していて、インターネットも出来るし、電話も出来るし、携帯電話も出来るしと1つでたくさんのサービスが払えるメリットがあるのです。
そのメリットとはいかなるものか以下に挙げてみたいと思います。
【KDDIまとめて請求】
プロバイダーに対応しているau光、auの携帯電話の月々の料金の請求を1枚にして送付できるサービスが有ります。
これを「まとめて請求」と言います。
このサービスを利用する事でポイントが貯まったり、月額料金が105円の割引になったりとメリットが有ります。
請求書も1枚に仕上がるし、請求額が105円割安になるしでメリットが多いサービスですよね。
【auまとめトーク】
みんなまとめて話し出しちゃおうという観点のサービスが有ります。
このサービスを利用するには先程紹介したKDDIまとめて請求を利用する事、又は「au光の電話サービス」に対して連絡先に指定する電話番号をau契約の形態にするだけで「au光の電話サービス→au契約の携帯電話」、「au光の電話サービス→auおうち電話」について国内通話が24時間365日無料になるというサービスになります。
更に「auから自宅割」サービスも付加する事でau携帯電話から自宅への通話料が24時間無料になるのです。
自宅へたくさん電話する方は入っておいた方がいいサービスと言えるでしょう。

au光のメリットとは3

色んなメリットがau光には有ります。
そのメリットをご紹介してみたいと思います。
【回線速度が速い】
au光の大きな特徴としてはもちろんギガ得コースではないでしょうか。
auひかりには実行速度をテスト出来るものが有りますが、平均的に見て下りで397mbps、上り384mbpsと言った結果になり、高記録である事が分かります。
これはギガ得コースを契約している人全てに該当するものではないのですが、平均的に見てこの位の回線速度は有るのです。
何故かと言うと、ギガ得コースにある回線は最大32分割にされている共有型回線GE-PONにしているからなのです。
通常的にインターネットを使っている分にはこの回線速度がここまで早くても決して意味はないかと思いますが、1G以上のものをダウンロードする時には違いが聞こえるかもしれませんね。
また安定的な回線速度が有るのでオンラインゲームをしているたまに途中で居座る事も殆ど無いという事になります。
【料金と特典】
ギガ得コースの値段に関してですが月額5985円でインターネットと電話が使用できます。
インターネット料金5460円と電話料金525円での構成になりますので電話代が凄く安い事が分かると思います。
今まで使っていたNTT電話の電話番号もそのまま引き継ぎ出来る様ですし色々使い勝手が良いです。
またポイントがたまるのでそのポイントで携帯電話を購入したりとお得な事も多いです。
ギガコースよりギガ得コースという方がお得感が多いです。

au光のデメリット

デメリットはau光にも有ります。
メリットばかりが持ち上げられると思いますが、こんなデメリット部分も認識しておく事でよりよくやりこなす事が出来ると思います。
【回線速度】
au光のメリットとも当てはまる回線速度だが、逆転してデメリットに変わる部分もあるそうです。
これはギガ得プランの場合に限った事だそうで、このプランまずは回線をGE-PONと呼ばれる共有型回線(最大32分割)を使っているからだそうです。
1000Mbpsの回線速度だとしても32分割ともなれば1分割あたり32Mbps位に達する事も考えられますので、ギガ得プランを自宅周辺で利用している数に依存する事にもなると言います。
現実の所、自分の自宅の周りに30世帯もau光でギガ得プランを使用しているというケースは大して考えられないと思うので大丈夫だとは思いませんので大丈夫だと思いますよ。
けれども無性に心配という方は相談してみると良いでしょう。
【料金】
au光には2年契約という縛りが有ります。
これを途中解約してしまうと違約金を払わなければならないのです。
そうして解除しなくても途中で引っ越した場合は撤去費用を払わなければならないのです。
その為にそこそこ縛りが有って、なんらかの状態で追加料金が発生する事が多い訳です。
【その他】
その他のau光のデメリットとしては、開通までの期間が他の業者よりかかると言われているのです。
またIPアドレスが6つまでしか割りふりられないので、足りなくなる可能性が出てくるというデメリットが有ります。

プロバイダーの選び方

au光にしてもフレッツ光にしてもプロバイダーはどうすればいいのでしょうか。
一旦NTTが提供しているフレッツ光に関してですが、キャンペーンを開催している事が手広く、たとえば初期工事費が無料だったり、新規契約に限り月額利用料が何ヶ月か無料になったりするのです。
無料という言葉を聞くとお得感が相当あるとは思うのですが、戸惑うのがプロバイダーではないでしょうか。
フレッツ光に関してはプロバイダーによって料金も違いますし、サービス内容も移り変わる様です。
プロバイダーの基本料金が安くても、やりたい事によってはオプションとして別料金が発生してしまう様になり結果的に高くなって仕舞う事が有りますので、プロバイダーを選ぶ際にはトータル的に考えて出向く事が必要になります。
対してKDDIが提供しているau光についてですが、こちらはフレッツ光と違ってプロバイダーをどこにしたとしても料金が一緒になっています。
その為に料金を比較する必要がないのです。
ではau光の場合、どうしてプロバイダーを選べばいいのかと言うと特典やサービス内容ではないかと思います。
いかなる特典が有るのか、サービスは自分が望んでいる物なのか、こういう点から比べて貰ってプロバイダーを選ぶ必要が見て取れるのです。
総合的に見て安定感を待ち望むのであればフレッツ光、速さを探し回るのであればau光を選ぶと良いと思いますので、ご自分のライフスタイルに合わせて光もプロバイダーもお選び下さい。

通信速度の制限

KDDIが提供している光ファイバーサービス、au光に対して、2011年2月に大量データ送信の制限をする事を宣言しました。
au光を使っている顧客に対して一部通信速度が抑制変わる様な現象が有ったかと思い、まさにデメリットとして挙げている所も有りました。
そうした顧客達に対して快適にかつ安定的な環境にてサービスを利用してもらう為に、通信速度に制限を設けました。
それまでは一定水準を通り抜けるデータ送信を継続的に行っていた顧客が大いにいたそうで、そうした顧客に対してネットワーク資源の公平性を保つ為、確保を保つ為に通信速度の制限が開始変わる事になりました。
これにより、快適で安定したサービス提供が出来る様になる為、今まで制限を超えていた顧客に対して理解と協力を求めるという事になります。
今まではKDDIの「au光」に対してご利用状況に合わせた設備増強に努めてまいりましたが、大量データ送信を行っている顧客の影響で他の顧客へのサービス品質の低下が確認された様です。
通信速度の制限に関しては「総量規制方式」という制限を設け、1日30GB以上の送信をする方は注意が必要となります。
ただし、大量データ送信が予想変わるホームページの閲覧、メールの受信、ダウンロードの様に下りのデータ通信に関してはこんな制限の対象外という事になりますので、上りデータ、つまり顧客側から発信変わるデータに関しては注意が必要になるのです。
これで公平にサービスの利用が出来る様になるのですね。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - au光 , , , ,