速さで選ぶならau光がオススメ

      2016/09/28

10485743

通信速度が速いという特徴を所持しているのがau光のギガ得種類です。
上り下り同時に最大1Gbpsという速さを誇っています。
これは光回線を使っている業者の中それでも最も早い速度という事になるそうです。
対象としてNTTフレッツ光の速度が200bpsという事なのでその速さは5倍という事になりますね。
この速さを所持している事から動画や音楽、ゲームと言ったデータのダウンロードもスムーズに速く行われます。
一段と家族が家の中で共に使ったとしても速度自体に変化が概して出ないという通信速度なのです。
またギガ得種類を選ぶと利用するプロバイダーの業者はどこを選んだとしても定額月額5460円という事になりますので、スキなプロバイダーを買えるメリットが見て取れるのです。
更にインターネットだけじゃなくて携帯電話をauで使っているなら、「電話サービス」と「auケータイ」というサービスを一緒に契約する事でお互いの通話が24時間365日無料になるというメリットが有ります。
しかしギガ得種類はメリットばかりでは有りません。
利用するに当たっては次の様な注意が必要になります。
先ずは2年間の契約の縛りが有るという事です。
途中解約をした場合、9975円という解除料を払わなくてはならないのです。
またサービスの提供エリアが限定されています。
順次エリアは広がって行っていますので今提供されていない地域の方は待つしか有りません。
という様な内容になっています。
もしもこんな面も考慮できると言うのであれば通信速度がすばやいau光はオススメのサービスだと思いますよ。

光回線とCATVでは何が違うのでしょうか

光ファイバーを使っている有料放送にはau光やフレッツ光なんかが主に挙げられますよね。
こんなサービスとCATVのサービスとはおんなじ有料放送なのに一体何が違うのか考えた事はないでしょうか。
CATVと言うのは独自に敷設ケーブル網を電話線と並行させて扱う様にしています。
そうしてテレビの周波数を使って有線放送を実現させているのです。
対して光テレビの方はブロードバンド回線を利用して映像や音声を専用の映像に圧縮させ視聴させるという方法を実現させています。
au光やフレッツ光はこれに該当する事になりますよね。
CAVTは今も昔もあるものです。
昔は自治体単位に1社という規制が有った為に地域に対して1社と選択できない状況でした。
その後デジタルハイビジョン対応が受ける様になって、CATV毎にサービス内容にばらつきが生まれる様になってきました。
その結果視聴者の中で不満が目立つようになり、事業者再編という結果に繋がっていったのです。
CATVは今ではインターネットサービスや電話サービスも取り入れて赴き、顧客獲得の為、サービス内容を充実させて出向く様になります。
また光側もテレビサービスを提供するなど、サービス内容に差が大して出ない様な感じになってきました。
どちらを選ぶかは顧客次第という事になりますね。
料金とサービス内容に応じて選んで出向く様になります。
どちらもメリット、デメリットが有りますので美しく検討していただくと良いでしょう。

ひかりONEからauひかりへ

ひかりONEと言うのが2010年以前にKDDIが提供していた光ファイバーサービスになります。
それが2010年以降は「au光(ひかり)」という様に名前を変えました。
遍歴としてはKDDIで提供してきた光プラスと東京電力が提供してきた「TEPCOひかり」が統合して「ひかりONE」となりました。
その後2010年に「au光(ひかり)」と名称変更する事になったのです。
auの携帯電話を使っている人の場合、「auケータイ」というサービスが提供されています。
これによりauまとめトークというサービスを利用する事ができ、au光のサービスとして独自のメリットを顧客に対して提供しているのです。
au光に関してはドラマや映画、アニメなど各ジャンルでメジャーな所のチャンネルは一通り揃っている様な感じですがスポーツチャンネルが弱々しい所が少し難点かもしれませんね。
スポーツ番組が見たいのであればちょこっと策する必要があるかもしれません。
但し、37ch提供のベーシック種類それでも月額1500円程度となっていて、料金的にみるとダントツにau光はお得な感じがします。
またビデオサービスに関しては月額665円という低い料金で利用する事が出来ます。
3本まではこの値段で見れて4本目以降は有料になります。
ここでダウンロードした映像をauの携帯電話に転送心がける事も可能な為、au携帯電話を持ち歩いている人のメリットは大きく変わってきます。
色々なサービスが提供されているau光(auひかり)をぜひ検討下さいね。

オススメのプロバイダランキング

1.So-net モバイル WiMAX

  So-netは月額料金がほぼ最安値で、キャッシュバック金額も3位とトップクラス、サポート体制も超優秀なプロバイダです安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合はプロバイダの中ではダントツ。インターネット事業を多数手掛けるSo-netという安心感もあります。私が一番安心して利用できたプロバイダです。特にこだわりがなければ「So-net モバイル WiMAX」を選べば間違いありません

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」「キャッシュバックを必ず受け取れる」といった特徴で有名なプロバイダ。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っており老舗の安心感がありますね。実際に契約して見るとわかりますが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いのが隠れたGoodポイントです。プランの変更やオプション申し込みなどの操作が快適です。サービスの快適さはピカイチです。クレジットカードでの支払いをしたくない人やキャッシュバック受け取りに不安がある人には特にオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全プロバイダ中2位の28,500円、3年目以降の月額料金は最安でお得なプロバイダの仲間入りを果たしたDTI。長く使えば使うほどお得になるプロバイダです。今なら「安心サポートオプション」2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値は十分にあります。クレードル無料キャンペーンが無いのがDTIの唯一惜しいところ。DTIの大きな特徴に「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるというのがあります。外で使えるインターネットとしてのWiMAXととても相性の良いサービスです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダといえるでしょう

 - au光 , , , ,