WiMAX2+ルーター比較 スマートフォン スマートフォンとは

スマートフォンとは



近頃あちこちでよく耳にする言葉に“スマホ”が有ります。

“スマホ”というのはなんのことなのかよく知らない人も沢山とおもいます。

スマホというのは、携帯電話端末であるこというのは間違えございません。

携帯電話としてのシステムにプラスアルファーしてさまざまな情報が付いているのです。

つまり携帯電話+携帯情報端末(PDA)のシステムが追加されたものですのです。

システムというのは、例えばインターネットのウェブサイトが閲覧出来るとか、パーソナルコンピュータと同様に電子E-mailの送受信が出来るとか、スケジュール管理が出来る。

またパーソナルコンピュータで作ったファイルをスマホ側で閲覧出来るとか、パーソナルコンピュータみたいにさまざまなソフトをインストールして使用することが出来る等パーソナルコンピュータと類似した点がいくつか有ります。

ソフトは自分お好みのお好みなものだけを選定してインストールしていけばいいため、自分にちゃんと合ったシステムを増強した携帯電話をもつことが出来るのです

パッと見も大抵の携帯電話といくつか違う点が有ります。

まず端末の面積が大抵の携帯電話と比べると少しばっかり広めになっていて、画面が見やすくなっています。

画面の画像解像度も高くきれいな画像が提供出来る液晶画面が付いています。

またパーソナルコンピュータと同じ感覚で言葉入力が出来るキーボードが付いているスタイルが多くなっています。

つまりスマホというのは携帯電話としての通話システムだけじゃなく、パーソナルコンピュータみたいにコンピュータシステムを持っている携帯電話のことをいいます。

海外

スマホという言葉が今みたいに使われるようになったのには、外国でのトレンドが関係しています

スマホは欧米で先行開発されました。

欧米ではResearch In Motionという会社が創り出したスマホの“ブラックベリー”がポピュラー品物です。

当初はビジネスマンを中心としてスマホの運用者を広げて行きました。

近年では外国だとしても多くのスマホが取り扱われています。

代表的なもの例としてをあげていくと、ノキア製の“Nokia”シリーズ、Carrier Devices製の“i-mate”、モトローラ製の“MPx220”、Palm OS製の“Treo”シリーズなどが有ります。

ニホンだとしても入手出来るものとしては“Nokia”が有ります。

こみたいにして外国でスマホが大好評となった理由としては、携帯電話として楽なこというのは当然のことアプリケーションケーションをハードウェアに依存して組み込んだことと、パーソナルコンピュータ、PDAとしてシステムを採用したことに有ります

つまり携帯電話として1台もっているだけでたいへん楽だからです。

スマホでは携帯電話が元来持っているシステムと追加したアプリケーションケーションとの連動をはかることも出来るのです。

例えば追加アプリケーションケーションでメッセンジャーを投入して、メッセージを受信したら携帯電話の待ち受け画面に受信を知らせる表示をバイブレーションと共にしたケースいったような設定です。

携帯電話だから出来る楽なシステムということになります

タグ: , , , ,