機能の詳細2



次にスマホでE-mailの送受信が出来るという点です。

パーソナルコンピュータ宛て届いているE-mail。

元来は自宅あるいは会社に戻ってパーソナルコンピュータを開かなければ確認出来ません

しかしながらスマホがあれば、お出掛け先や出張先等からパーソナルコンピュータ宛てのE-mailを受信することも送信することも出来ます。

出張が沢山人や旅行等によく行く人、パーソナルコンピュータにE-mailがよく届くという人に大変楽です。

特に急ぎのE-mailが届いていたケースでは等、何処からだとしても確認出来るため早速に変身することが出来ます。

またE-mailに添付されているファイルに対しても送受信することが出来ます。

欠かせない材料をもってくるのを忘れた時、E-mailに添付して送ってもらえばスマホから確かめることが出来ます

ちゃんと情報管理出来ることもスマホの持つ利点です。

パーソナルコンピュータとスマホをUSBでつなげば、パーソナルコンピュータ内のデータをスマホに投入して容易に持ち歩くことが出来ます。

お出掛け先でファイルを確かめたり、変更したりすることが出来るので楽です。

スケジュール管理に対してもパーソナルコンピュータにデータと同期しているので、常に最新の情報を見て情報管理をおこなうことが出来ます。

近頃では名刺をカメラで写すだけで内容を認識してアドレスに登録出来るというシステムも有ります。

いっぱいの名刺を貯めることなく、名刺のデータベース化をはかることができて楽です。

営業等名刺交換が沢山お勤めの人におススメのシステムです。

機能の詳細3

どんなにスマホが楽だとしても気軽に持ち運べるものでなければさまざまなシーンに対応することが出来ません。

スマホは気軽に持ち運べることがメリットの1つだとしても有ります。

型はスリム体形ボディでその上多システムですので、携帯電話と同様の感覚で気軽に持ち運べます。

またジョグシステムや容易スクロールハンドリング、キーボードによる容易言葉入力等片手だとしてもハンドリングが容易でて扱い易いというのがスマホのいいところです。

お勤めの材料や荷物等をいっぱい持っていて片手がふさがっているときにだとしても扱い易いです。

コンパクトボディですが、和英辞典や英和辞典、国語辞典やビジネスレター等辞書ソフトも充実していますからビジネスシーンやスタディーの際にも大変役に立ちます。

スマホは携帯電話としてのシステムも当然持っています

ですので通話したり、E-mailしたり、写真を撮ったりするなどのシステムは当然充実しています。

より一層スマホのケースでは、タッチパネルを液晶に導入していますから、録画した写真を容易にアレンジすることが出来ます。

例えば写真にイラストや言葉を入力して自分なりの気味を込めたE-mailを相手に送ることが出来る手書きE-mailシステム等がついているのです。

写真に対しても美しい風景は風景写真、夜の写真は夜景モード、パーティ会場等ではパーティモード等録画シーンがいくつも選択することが出来ます。

ムービー録画も使えますから、現場の雰囲気を届けたいときに役に立ちます。

タグ: , , , ,