WiMAX2+ルーター比較 スマートフォン 一般携帯とスマートフォンの違い

一般携帯とスマートフォンの違い



パッと見は携帯電話、通話もE-mailもできてスマホと大抵の携帯電話は何が違うのかとおもう人も沢山とおもいます。

スマホの説明を容易にしたケース、パーソナルコンピュータで使用するシステムが付いた携帯電話ということになります。

近年ニホンで正統派となっている携帯電話だとしても、インターネットを使用することが出来るブラウザシステムやE-mailシステムがあるものが沢山です。

大きくくくってみればこれもスマホというとおもいます。

ただそれにアプリケーションケーションがカスタマイズしてインストール出来るのかどうかというちがいがあるのだとおもいます。

お好みなアプリケーションケーションを選定してインストール出来るのがスマホ、携帯電話は元来機種に備わっているシステムを使用するだけになります。

近年ニホンで運用されているスマホでポピュラーなのはソフトバンクの“iPhone”です。

iPhoneは当初米国で売り出しされたのですが、近年ではワールド中で展開されています。

ニホンではiPodの普及率が高かった為に、おのずとiPhoneの認知度も高くなったみたいです。

しかしながらニホンの携帯電話でしか受けられないサービスも存在しています。

それはおさいふケータイです。

これはニホンがオリジナルに創り出したものですので、iPhoneなどのワールド基準を目指して創られたスマホには存在していないのです。

もう一つニホンの携帯電話用に創られたWebサイトに対してはスマホで閲覧するこというのは出来ません。

携帯サイト限定のサービス等があるとスマホからは運用出来ないということになります。

こみたいにいくつか違う点があるのです。

ルーツ

スマホ出現のルーツは何なってしょうか。

スマホはPDAが決まり事だと言われています。

PDAというのは、携帯情報端末のことです。

スケジュール管理やToDo、メモシステム、住所録管理等端末を携帯して使用することが出来る小ぶりの機材です。

元々はPDAには通話システムがございませんでした。

PDAはUPルコンピュータのCEOであるジョン・スカリーが1990年代に用いた造語です。

このPDAに通話システムが追加されて徐々に向上を遂げて行きそれが近年のスマホとなったのです。

その昔携帯電話の作製を認められているのは通信機材を作製している製造専門業者だけに限定されていました。

なぜならば基地局の検索や基地局とのやりとり、音声信号の変復調、通話システム等高度な技法と経験を必要としたからです。

しかしながら携帯電話が小ぶりになって高スペック(機能)になってきたため、通話システムに関連してベースバンドプロセッサを使用してモジュール化するようになりました。

このチップをPDAに組み込めば作製製造専門業者は一から通話システムを開発しなくていいので通話システムを追加出来るシステムを手に入れました。

スマホが発展してきたのには、こんな通話システムのモジュール化が関係しているのです。

スマホは携帯電話としてのシステムにプラスしてPDAとしてのシステムを使用することが出来る優れた機材です。

近年その利便性、インストール可能なアプリケーションケーションは多種多様におよびかなりの情報量となっています。

タグ: , , , ,