シェア



UPル社がiPodのシステムを採用しているスマホとしてiphoneを売り出ししています。

このiphoneを見ても携帯電話にプラスしてパーソナルコンピュータシステムを追加しただけじゃなく、他にもありとあらゆるシステムを運用者が望んでいることが分かります

例えば音楽が聴けるミュージックプレイヤーやおさいふケータイ、GPSシステムやナビゲーションシステム等も付けた機種を望んでいます。

この期待にこたえることが出来るのは、スマホです。

近年スマホのニホン国内におけるシェアはそれほど高くございません。

しかしながら外国ではスマホはかなり高いシェアを誇っています。

将来的には、数年先にニホンだとしても全携帯電話のなかで13%から25%くらいのシェアをスマホがとれることを予測しています。

iphoneは2009年、急激にスマホの認知度が上がってきた場合を契機として急激に売り上げを伸ばしています。

そして2010年にはより一層スマホが浸透してきて勢いを増しています。

携帯電話の技法ではニホンは外国というのは違ったオリジナル路線を進行しています。

ワールドの携帯電話の標準を使用しておらず、国内だけのオリジナル開発の為に外国から機種や技法が入ってこないのです。

しかしながら近い将来この有り様も変わるときがやってくるとおもいます。

ニホンの携帯電話の市場はワールドの標準に近づいてきています。

それによってワールドで多くの大好評を集めている機種やスマホ等もニホン国内にみるみるやってくるとおもいます。

NTTドコモ

スマホは携帯電話各社が競って売り出ししています。

それによってスマホはいくつかあるので、そのなかで大お好みな物を探していくことになるとおもいます。

中だとしてもNTTドコモは今スマホにたいへん力を投入している会社だとおもいます。

ですのでスマホ品物のラインナップも充実しているとおもいます。

ワールドだとしても知られた存在で大好評がある“ブラックベリー”やWindowsのモバイルを採用している“hTc Z”やSymbian OSを採用している“FOMA”等が有ります

スマホはi-modeに非対応となっていますから、“Biz・ホーダイ”というスマホ用のパケット通信料定額サービスも行っています。

こみたいにNTTドコモではスマホ使い手を増やしていこうとサービスを充実させています。

近頃のスマホでは、ディスプレイを3D対応させたものが売り出しされています。

3Dメガネをかけなくても見ることが出来る3Dディスプレイが付いているのです

またデジタルカメラシステムにも3D録画が出来るようになっています。

ディスプレイもより高画質、高精細になっています。

より一層スマホでおさいふケータイにも対応し始めます。

電子マネー、クーポン等スマホをかざすだけで使用することが出来ます。

防水対応も強化されました。

ワンセグや赤外線通信、携帯電話に採用されていたシステムをスマホにも採用しました。

こみたいに近頃より一層システム充実をはかっています。

タグ: , , , ,